パソコン・インターネット

【アフィリエイト】楽天:イーバンク銀行未加入会員の高額報酬を没収!

改悪?不正対策?


 楽天が楽天アフィリエイトの高額報酬をイーバンク銀行口座にのみ振り込む新方式を2010年1月から採用する! この変更に楽天アフィリエイターの間ではチョッとした騒動となっている!



 日本最大のショッピングモール「楽天市場」には、商品紹介で楽天スーパーポイントで報酬がもらえる「楽天アフィリエイト」が存在する。 このアフィリエイトは楽天会員ならば誰でもが始められるので、多数の人たちが参加している。 ところが、複数のアカウントを簡単に取得可能なこと、管理側の監視が激甘なことなどが影響して、「続きはこちら......」などのリンク先を偽装した不正リンクを設置し、訪問者をダマしてクリックさせたり、訪問者のPCに強制的にアフィリエイトクッキーを送信(強制アフィリエイト)するなどの違反行為が横行している。 また、日々大量に作成されているスパムブログや迷惑ブログの8割が、楽天アフィリエイトを悪用しているのが現実だ!

 今回、楽天側が変更した成果報酬支払い方法は、これまで「楽天スーパーポイント」だけの支払いだったものを、「楽天スーパーポイント」とオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」の2段階で支払う方式を採用している。 具体的には、1ケ月の報酬が3,000ポイントまでは従来の「楽天スーパーポイント」で支払われ、それを越える部分は「楽天キャッシュ」で支払われることになる。 ただし、「楽天キャッシュ」をもらうためには、イーバンク銀行に口座開設が必須で、口座を持たない人は、3,000ポイントを越えた部分を没収されてしまうのだ! この点では、今回の改訂がイーバンク銀行への加入を強制していると思われても仕方が無い!

 ◎【楽天アフィリエイト】成果報酬支払い方法変更のお知らせ

 しかしながら、新方式の導入は悪いことだけではない! イーバンク銀行に口座を開設するには、本人確認が厳密に実施されるので、楽天アカウント取得のような多数口座の開設は事実上不可能! 従って、高額報酬を不正に得ていた悪質アフィリエイターの減少が期待できるのだ! 当然、これまでに作成した大量の商品リンクから発生する報酬も、イーバンク銀行に口座を持たない場合、3,000ポイントを越えた部分が没収されることになる! また、複数の楽天アフィリエイトアカウントに同一のイーバンク口座を指定できない(アカウントと口座が1対1対応)ので、おのずと使用していた楽天アフィリエイトアカウントを絞り込む必要があり、最悪の場合にはリンクの付け替えといった膨大な作業が必要となってくるわけだ! 実は、彼らにとっては使用する楽天アカウントを絞り込むことは、不正行為の通報によるアカウント削除のリスクも大きくなる(一発で全てを失う)という頭の痛い問題なのだ!

 一方、まじめに規約遵守してアフィリエイトをやっている善良な方々は、新たに口座開設(すでに持っている場合は指定する)という手間が必要だが、電子マネーの「楽天キャッシュ」から現金化できるという新たなメリットが生じるので、あながち改悪とは思えない!

 過去の報酬が月3,000ポイント前後の方は、没収されないように早めにイーバンク銀行口座を開設するのが良いだろう!(タイムリミットは2009年12月31日だが、開設時の本人確認書類の送付に必要な時間を考慮すると、12月初旬までの完了が望ましい!



| | コメント (0)

【Amazonウィッシュリスト騒動】『きっこ』が『本名は違う』『悪質な嫌がらせだ!』と反論!

『きっこ』の反論!


きっこの日記2  Amazonウィッシュリスト(ほしい物リスト)によって、実名(?)が暴露されたブロガー『きっこ』さんが、『本名は違うよ!何者かが嫌がらせのために公開メアドで登録した偽物!』とコメント!

 『実名が暴露されている!』として読者から連絡を受けた『きっこ』さんが、『嫌がらせなので無視してください!』、『本名は違います!』とコメントした! 説明によると、第三者が『きっこ』さんの公開メアドを使用して本人になりすましAmazonアカウントを作成した....ということらしい! 現実に、Amazonのシステムでは他人のメールアドレスを使用してアカウントを作成できる。 しかも、登録時にメールアドレスの認証(Amazon側からの確認メール)は無い。 ただし、本人が同一メールアドレスでAmazonアカウントを事前に取っている場合には、『○○○@△△△を使用するアカウントはすでに登録されています。』と警告され作成は不可能だ! 『なりすまし』が可能となっているのは、明らかにアマゾンシステムの欠陥ですので、早急の修正が必要ですね!

 要するに、今回の『ニセモノきっこ(?)』は、本物の『きっこ』さんが該当メールアドレス(公開メアド)でAmazonアカウントを作っていないことを知り、本人になりすまして作成したことになる。 該当のウィッシュリスト(ほしい物リスト)記録を見ると最初に利用されたのが2007年6月28日となっているので、8ヶ月以上も前に偽アカウントが作成されていたようだ! なお、本物の『きっこ』さんは、Amazonを利用しているが、アカウントは別の正規のメールアドレスで登録していると説明している。 現在、『ニセモノきっこ(?)』が作成したとされる、『Amazonウィッシュリスト』は騒動後に非公開に設定変更された!?(←誰が変更したのかは不明!)

 今回の、『Amazonウィッシュリスト騒動』で実名(?)が公表された『サイト管理者/ブロガー』は多数存在する! 中には『バレちゃった!』とアッサリと認めてしまった方もあり、逆にその話題に全くレスポンスしない人もいる(下手に肯定/否定するとボロが出るのでレスポンスしないのが懸命!)。 『きっこ』さんは、本名公表に対してそれを完全否定するコメントを出しているわけだが、なりすましでアカウントを作成された上に、全く無関係な別人を『きっこ』としてネット上に公表され、その方の氏名、居住地域、職業、勤め先、顔写真までも公開されている事態を『無視して下さい!』で片付けてしまうのかね? アマゾンへのクレームは当然だが、実行犯を特定し、法的手段をとる考えは無いのだろうか?

 なお、Amazonウィッシュリスト騒動以後にアマゾンはメアドや名前による検索機能を停止していますが、Googleなどの検索エンジンには記録が残っていて簡単に検索可能です! 個人の秘密の趣味を恥じらいもなく公開している方々は、早急に、ウィッシュリストの非公開設定をした方がよろしかろうと思いまする(笑) 参考:『熟女』好きの方々『アダルト』好きの方々『女子校生』好きの方々



| | コメント (0)

【ブログ汚染度ランキング2008】各ブログの『アダルト汚染度』を評価!

ブログ汚染度ランキング


しょこたんぶろぐ貪欲デイズ  ブログを巡回すると、ワンクリック詐欺サイトや出会い系、アダルトサイトへの【誘導ブログ】が多数存在します。 そこで、主なブログサービスがどれだけ汚染されているのかを簡単な方法で評価してみました。この調査は2007年3月に実施した1回目の調査の追跡結果です。

 【方法】
  ワンクリック詐欺サイトや出会い系・アダルトサイトへの【誘導ブログ】で多用されている【無修正】【エロ動画】【流出画像】をキーワードに選択し、Yahoo!で各ブログのドメイン別にフレーズ検索を実施しました("キーワード" site:ドメイ名) 評価は3つのキーワードによる検出数を合算して、多い程『汚染度が高い』と評価した。 調査日:2008年3月6日

 【結果】
  汚染度の高い順に並べてみると、『FC2ブログ』と『DTIブログ』が昨年同様に1位と2位でした。 昨年度の結果と比較すると、『ウエブリブログ』『AutoPage』『楽天ブログ』などが大幅に順位をさげていることが判ります。 一方、『ブログ人』『Yahoo!ブログ』『ヤプログ』などは、順位を上げており汚染が進行していることがうかがわれます

 この結果には、当然のことながら各ブログサービスの会員数(ブログ数)が大きく影響します。 しかし、会員数が日本最大級の『アメーバブログ』などと比べて、会員数が少ないのに検索ヒット数が多いブログは汚染が進行していると考えざるを得ません! また、ブログ提供会社の悪質違法ブログ(利用規約違反ブログ)に対する姿勢も大きく反映されているのも事実です! 例えば、昨年度調査で汚染度が高かった『ウエブリブログ(Biglobe)』ではワンクリック詐欺サイト誘導ブログ等の悪質ブログを積極的に削除していましたのでランキングが低下しています。 これと逆に、『ココログ(@nifty)』ではユーザーによる再三の通報にも対応せず放置していましたので、当然の結果汚染が進行してしまいました。

 誘導目的の悪質業者やアフィリエイト目的の個人がブログを悪用しようとする場合には、監視が甘いブログを狙い集まってきますので、結果的に急激にブログ環境が悪化してしまうことになります。 現在は、各ブログで自動投稿ロボットによるスパムブログ(多くはRSS記事投稿型や意味不明の文章/キーワード羅列型/強制アフィリエイトブログ)が増加傾向にあり、『269g(ブログジー)』などでは、全投稿記事の80%以上がこの種のスパム記事といった状況になっています。

 ◎ ブログ汚染度ランキング2007

ブログ汚染度ランキング2008.jpeg


    スポンサードリンク



| | コメント (0)

【mixi利用規約改悪】商品化を狙うミクシィ!4月1日から『著作者人格権』の放棄を利用規約に盛り込む!

ミクシィ利用規約の改定


危ないミクシィ―大流行!SNSの闇 (Yosensha Paperbacks 23)  mixi利用規約が4月1日から改定される! ミクシィ日記の著作権について、『著作物のmixiによる自由利用』『著作者人格権の放棄』が盛り込まれており、4月1日以前に書かれた全会員の日記に対しても適用する内容だ!

 ブログやSNS等に投稿された日記記事をブログ本などの書籍として出版することは頻繁に行われている! そこで問題となるのは『著作権』の問題です。 多くのブログやSNSの利用規約では、著作権はそれを書いた著作者に帰属すると規定していますが、管理運営する会社側が著作物を自由に利用することができることになっています。 しかし、実際に著作物を書籍化して出版する際には、管理運営会社が著作者に無断で独断実行することは無く、書籍の売り上げに伴う利益配分等を著作権者と協議が行われたり、著作者が『書籍化する権利』を売ったりするわけです。 独断実行しようとした場合には、著作権者は『著作者人格権』を行使して差し止めることが可能です! 『著作者人格権』は他人に譲渡できない権利で著作権者にとって最後の砦なのです! 従って、今回のmixiの利用規約に『著作者人格権の放棄』が追加されたことは法的に問題があると考えられています。 この『著作者人格権の放棄』に関しては、Livedoorブログやアメブロ利用規約でも規定されており、管理運営会社側が著作権者の権利を軽視/無視する意志の表れでもあります(言い換えると、『無料でブログスペースを使わせてやっているし、書籍化してやるんだから印税等でガタガタ言うな!』『おまえらが投稿した全ての権利はミクシィのものだから商売しても文句言うなよ!』という意志の現れです。)

 更に、ミクシィ利用規約の改定で問題となるのは、附則に記述された『本利用規約の施行前にユーザーによって行われた行為についても本利用規約が適用されます。』という規約! これは、過去に会員となって日記に書いた内容に関しても『著作物のmixiによる自由利用』『著作者人格権の放棄』を適用するという内容です。 利用規約を過去に遡及して適用しますよ〜 嫌だったら『退会してね!』....というmixi側の対応のようです。 今回の改訂は『mixi動画』の規約にも盛り込まれているのでmixi全体に遡及されるようです!

 mixi内に限らず、ネット上では『mixi利用規約改悪』に対して、問題視する意見が多く流れています。 特に、クリエーター(ミュージシャン、作家等)の反応は激しく退会する意志を示す方々や、過去の日記を移転削除する方々も登場しています!

 ※『著作者人格権』には、『公表権(未公表の著作物を公衆に提供又は提示する権利)』『氏名表示権(著作物の創設者であることを主張する権利)』『同一性保持権(著作者の意に反する改変を禁止する権利)』が存在し、他人に譲渡することはできない!



| | コメント (0)

ポイント詐欺などの悪徳業者排除に向けて「日本インターネットポイント協議会」設立!

「日本インターネットポイント協議会」設立!


 ネットポイント事業の健全化を目指し、ポイントサービス会社やポイント関連事業を展開する企業が結集し「日本インターネットポイント協議会」(JIPC)を設立した!
 
ネットポイント協議会設立--ECナビなど13社が悪質業者との差別化で(CNET JAPAN 2/15)
 ネットマイルやECナビなどインターネット上でポイントプログラムを展開する13社は2月14日、ネットポイント市場の健全発展を目的とした協議会を発足すると発表した。
 ポイントの年間発行額は4500億円以上もあり、今後も市場が拡大していくと予想されている。 反面で「計画倒産」などで利用できないポイントを発行する悪質業者や、ポイント発行の関わる不明瞭な経理を行う業者も存在する。 「日本インターネットポイント協議会」では、ポイント発行・利用のガイドライン策定や、ポイント保証制度の確立と引当金制度などの導入を目指していくらしい? 今後、楽天、ヤフー、Amazon など大手ネット企業にも参加を呼びかける予定だが参加するかは不透明だ!

 ネット上には『簡単にお小遣い稼ぎができるよ〜』と広告する怪しげなポイントシステムやリードメールが溢れています。 多くの場合はポイント発行ルールがデタラメだったり、会員登録よって収集したメールアドレスや個人情報を第三者へ転売したりしている悪徳業者です。 中には、怪しげなスパイウエアまがいの専用ソフトをPCにイントールさせる業者もありますから注意してくださいね〜 まあ、ユーザーは「日本インターネットポイント協議会」にも参加できないような怪しげなポイント業者には近づかない方が安全でしょう!

参加企業

 【ポイント発行企業】:ネットマイル(マイル)、ECナビ(ECナビポイント)、サイバーエージェント(ライフマイル)、GMOメディア(ポイントタウン)、ジー・プラン(G-ポイント)、ツタヤ・オンライン(T-ポイント)、ポイントオン(ポン)、マイポイント・ドット・コム(マイポイント)、エルゴ・ブレインズ(ドリームメール)、リアラス(クーポンメール)、ディーツーコミュニケーションズ(ドコモコイン)
 【ポイント交換企業】:PeX(ペックス)ポイ探

    スポンサードリンク



| | コメント (0) | トラックバック (0)

xfy Blog Editorでブログに投稿!

ジャストシステムが「xfy Blog Editor」をリリースしたので、さっそくテスト投稿! WYSIWYG編集は初級〜中級者には便利だが、日常的にHTMLタグで慣れている人にとっては融通が利かない感じですね〜 まあもう少し遊んでみましょう!

「ジャストシステムブログサービス」が開始--WYSIWYG型ブログ編集ツールに対応 

ジャストシステムは2月9日、独自のブログサービス「ジャストシステムブログサービス」を開始した。同社が提供するブログのWYSIWYG編集クライアントソフト「xfy Blog Editor」に対応する。利用料金は無料。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)